ストレスにより心の健康を損なう人が多くなっている現在では、メンタルヘルス・マネジメントの資格を取得する人が増えています。

知るって楽しい♪大人のための学びの場

知るって楽しい♪大人のための学びの場 > > ストレス解消法を身に付ける

ストレス解消法を身に付ける

近年多くの人がストレスによりうつ病と診断されている人がとても増えてきています。
自分や、職場の部下などがそうならないためにも、メンタルヘルス・マネジメントの資格を取得することで、職場などで活用することが出来ると思います。
働く人のストレスが増えてきている今、身体の健康管理も大切となっていますが、心の健康管理も必要不可欠となってきているのです。
メンタルヘルス・マネジメントの検定試験を受験する人は企業の人事や、管理監督者、一般社員などが受験しています。
それぞれの職場での役割などに応じて各自必要なメンタルヘルス対策を身に付けることができるようになっています。

管理監督者などの人は部下のストレスなどに配慮することで仕事の質や向上にも繋がります。
管理職の人は二種ラインケアコースといって職場のメンタルヘルス対策を主とするメンタルヘルス検定を受検します。
また、一般職員の人は、自分のストレス状態を把握し、自分でストレスケアを出来るように正しいストレス対処の仕方を身につけることが出来るようになっています。
それには三種セルフケアコースにより自らの心の健康管理できるようなメンタルヘルス検定を受検します。
メンタルヘルス検定は受験資格などなく、学歴、年齢など制限がありません。
メンタルヘルス検定は毎年三月と十一月の二回それぞれの主要都市で検定が実施されており、二種、三種ともマークシートによる回答方法となっています。

Copyright (C)2017知るって楽しい♪大人のための学びの場.All rights reserved.