販売のプロフェッショナルといえる販売士はさまざまな場所で活躍することが出来ます。

知るって楽しい♪大人のための学びの場

知るって楽しい♪大人のための学びの場 > > 販売士の仕事と資格

販売士の仕事と資格

現在多数存在するスーパーやコンビニエンスストアなどの小売業の店舗、または卸売業、メーカーや飲食店などさまざまな場所で活躍できる資格の中で販売士の資格があります。
年々消費者のニーズが多様化、専門化してきているため販売士などのように幅広く、実践的な知識が必要とされてきているので、販売士の資格取得を推進する企業も増えてきています。
販売士の資格を取得していると小売店舗などで活躍することが出来るプロフェッショナルと言うことが出来るでしょう。

販売士の資格を取得するために販売士試験を受験しますが、販売士の試験は年齢、実務経験、学歴などの受験資格はありませんから、誰でも受けることが出来ます。
販売士には販売士二級と三級があり、販売士三級の試験は毎年二月と七月の年二回実施されており、主に売り場の担当者や、販売員などが受験します。
販売士二級の試験は毎年十月の年一回実施されており、主に売り場の主任や部課長クラス、部下を指導する立場にある中堅幹部クラスの人が受験することが多いです。
大手の小売業では部課長への昇進試験に活用している小売業者もあるようです。
試験はマークシート方式による選択問題になっており、小売業の類型やマーケティング、販売、経営管理についてなどの出題範囲となっています。
それぞれの店舗により正社員、パートやアルバイトなど採用形態もいろいろあるので、自分のライフスタイルに合わせて働くことが出来るのでいいのではないでしょうか。

近頃良く聞く資格の参考になるネタはこのホムペをブックマークしましょう!!

Copyright (C)2017知るって楽しい♪大人のための学びの場.All rights reserved.