テレビなどでよく見る気象予報士は意外にも国家資格となっています。

知るって楽しい♪大人のための学びの場

知るって楽しい♪大人のための学びの場 > > 気象予報士は国家資格

気象予報士は国家資格

よくテレビなどの天気コーナーなどで天気の解説をしている天気予報士がいますが、あの気象予報士という資格はあまり知られてはいませんが、国家資格となっており民間の気象会社などでは気象予報士の配置が義務付けられているので気象会社などではとても評価される気象予報士の資格となっています。
気象予報士の試験に合格すると、今後の技術革新に対処しうる必要な気象学の基礎的知識、各種データを適切に処理し、科学的な予測を行う知識と能力、予測情報を提供するのに不可欠な防災上の配慮を適確に行うための知識と能力を持っていると認められ、気象予報士として認定されます。
気象予報士の試験を受験するには受験資格などは特に無く、誰でも気象予報士の試験を受験することができるようになっています。

気象予報士の試験には学科試験と実技試験があり、学科試験では予報業務に関する一般知識と予報業務に関する専門知識があり、五つの中からひとつを選択する選択方式での回答方法となっています。
実技試験は、文章や図表で解答する記述式となっています。
気象予報士の試験は、毎年一月と八月の年二回実施されており、年々受験者が増えてきています。
気象予報士の資格を取得することで、テレビやラジオなどの天気コーナーでの仕事に就くことが出来ますし、その他にも企業に就職、転職の際には注目される資格となると思います。
また通常の生活の中でもとても役に立つ資格のひとつなのではないでしょうか。

Copyright (C)2017知るって楽しい♪大人のための学びの場.All rights reserved.