税務に関してプロフェッショナルといえる税理士の資格を取得することで、独立も可能となってきます。

知るって楽しい♪大人のための学びの場

知るって楽しい♪大人のための学びの場 > > 税理士の資格とは

税理士の資格とは

主に中小企業の税務処理を行なうのが業務となっている税理士の資格ですが、コンサルタントのような仕事もし、業務の範囲はとても幅広いです。
税理士の資格とは税務に関してプロフェッショナルといえる資格でしょう。
税理士になるには税理士事務所での二年間の実務経験が必要となっていますが、その二年間というのは税理士の試験合格の前後どちらでもかまいませんし、税理士事務所で取引の仕分け業務などを行っていたのであればアルバイトなどでも二年間の実務経験に含まれるので大丈夫です。

また、税理士になるために試験を受ける条件として学歴などは必要となっていないので、学歴がなくても税理士になることは可能となってきます。
税理士の試験の特徴は、十科目以上ある科目の中から自分が受けたいと思う科目を五科目選ぶようになっています。
ですから、自分が得意な科目を選んで税理士の資格を取得することが出来ますし、一科目ずつ受検していくことも可能となり、一度合格した科目については一生有効となってきますので、苦手な科目を受験する場合は一科目ずつの受験にすることで重点的に勉強することも可能となっています。
ただし、中には二つ同時に選択できない科目などもあるので注意が必要です。
この税理士の資格取得はとても難しいものとなっていますが、税理士試験に合格すると独立開業することもしやすい資格なので、独立開業をしようとしている人にはとてもいい資格なのではないでしょうか。

Copyright (C)2017知るって楽しい♪大人のための学びの場.All rights reserved.